夏のおわり

【Relaxing stroll】
今日は涼しい朝でした。

ここ数年のことです。

8月が終わるこの時期になると、なんとなく物悲しく・・
(夏やすみが終わっちゃう)
と、黄昏れていた頃を思いだします。


そして、
そのBGMで流れる歌があります。

だいぶ歳を重ねてから思い出したその歌が
また耳の奥に聞こえてきました。




中学校の文化祭で一緒に部活をしていた親友が作った歌(!!)

そうなんです。
中学のフォークソング部では曲を作り、
バンドを組んで歌っていました。

たしか、、
学校にBOXを設置して、
そこに無記名もしくはペンネームで入っていた詩に、
フォーソング部の部員が曲を付けるのです。

文化祭で発表もしたような・・気がします。
曖昧な記憶ですが・・。

今から思うと、すごいですね。
私も何曲か作らせて頂きました。

どなたが書かれた詩かもわからないので、
著作権とか、、
勝手にご紹介して良いかわかりませんが。

素敵な詩です。


夏のおわりの最初の恋は
あなたが私に目を向けた
知らんふりして
横目で見ても
やっぱり気になる
あなた

だから
水色に染めて
私を染めて
ささやかな
私を抱きしめて

記憶の中にしかない歌詞なので、
間違っているかもしれません。

中学1年だったか、2年だったのか、、。
そんな年ごろでしたから、
同じ中学生の方が書いた詩なのかと、、
そして、
物悲しく美しい曲と友達の歌う声が
とても素敵で


衝撃的で

今でもはっきりと思い出すことが出来ます。

昨日の食事も思い出せない私なのですが・・(苦笑)


水色 ブルースター

今日も花とともに
KAMOE&ARNE

にしむらゆき子

ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000