117

【阪神淡路大震災22年目に】

神戸商工会議所女性会の皆さまと一緒に過ごしました。

永六輔さんも、空の方になられました。

上を向いて歩こうを何度も歌いました。

東北の震災の時も、何度も歌いました。


みんな、順番に空へ行きます。

今、ここにいる間に精一杯やりたいこと、今できることをやっていこう。

新たな気持ちになります。

時が止まった1月17日

そこから22年目の神戸。

住みよい街になっていますか?


ちゃんと進歩していますか?

伝えるべきことを伝え続けられていますか?


何を伝え、何を変えていけば良いのか?

人は時代とともにあり

永遠の課題かもしれません。

ずっと行ってきたことは


姿勢というよりは、当たり前の日常。

その当たり前が、難しくなってきているように感じます。

人の気持ちに寄り添うこと (ただ流されないこと)

責任と自立のうえにある助け合い

生き抜く力を身に着けること 

この3本柱は、人生そのものです。


この姿勢を崩すことはできないなあ・・と思います。

私を良く知って下さる方は、
私が泣き虫なことも良くご存じですが、


それでも、西村は強いと、よく言われます。

神戸に育てて頂いたのかもしれません。

ありがとうございます。

新たな気持ちで。

花とともに
KAMOE&ARNE

にしむらゆき子


ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000