研修と本の寿命


先日より、入社試験が始まりました。

売り手市場の厳しい中、

小さな花屋として、

強みをいかに伝え、

若い世代に興味を持ち、頑張り続けて頂けるか?

新しい自分自身の課題です。


せっかく決意したからには、
・・・と、日々模索しています。

面接では、30冊前後の本を並べて
その中から
一緒にディスカッションしたり
お話ししてもらったりしているのですが、
どの本も、私が使い込んでいるわけですから、
けっこう年月も経っています。

今後の研修を考えながら、

本の再購入を検討し、検索してみると(注文は本屋さんにするのですけどね)

半分以上、2/3近くの本が中古本、もしくは検索に出てこないことになっていました。


出版は少し前5年~7年前位のものでもです。
内容は全く色あせていないのに・・と

残念な気持ちになりました。

理由はわかるような気がします。

同じような内容でも、
新しい本の方が良く売れる為に、どんどん新刊を出していくという傾向がありそうですね。

私が新しい本を買うべきか・・

自分の本をコピーして研修に使用するか・・。

悩ましいところです。

時間的には、自分の本の方が効率的に作業が進められますしね。

もう少し考えてみることにします。

 

 

今日も花とともに

KAMOE&ARNE

にしむらゆき子



ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000