自然を束ねたようなウエディングブーケ



今日の花嫁さまのブーケは

20年、ウエディングのお仕事をさせて頂いていて、

初めてのタイプのオーダーでした。

  

「ナチュラルに束ねて、横に流れるようなブーケを持ちたい」

  

スタイルとして参考になるものは、

クレセントの形をしたウエディングブーケ。
こちらは一時期人気のあったデザインで、

当時は良くお作りさせて頂きました。

 
最近はあまりみかけませんね。
可愛くも、豪華にも表現できるので、また巡ってくるかもしれません。

クレセントとは、月や弓のような形のブーケです。

  

花の茎をそのまま束ねて作るスタイルの中でも、
ホリゾンタルはバリエーションも豊かで、

和装や、ドレスにあわせて様々にお作りさせて頂いてきました。

ホリゾンタルとは、水平なデザインです。

  

  

これらのスタイルは

作り始めると、集中してしいまい、まわりの雑談が聞こえなくなるほど、、。

私自身、好きな制作作業です。

  

ナチュラルなクラッチブーケ(茎をそのまま束ねたもの)は今年の大流行。

いつか、こんな自由なブーケに出会える日が来るのではないか・・と

心待ちにしていました。

 

  

「ナチュラルに束ねて サイドに流れるデザイン」

  

このふたつが合わさったウエディングブーケ

制作しながら

ワクワクがとまりません。

  

本当にあっという間に

出来上がりました。

 

 

自由に

どの角度から見ても

花嫁様が草花に守られ、花と遊んでいるかのように

 

軽やかに

 

 

  

お届けした瞬間の花嫁さまの笑顔を想像しながら。。
 


おめでとうございます。

  

今日も花とともに
KAMOE&ARNE

にしむらゆき子

ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000