うれしいこと

うれしいことがあったので書いておこう。



私がずーっとずーっと花屋を始めてからずーっと思っていたこと、



「みんなでよくなろう!」



これは、震災の翌年に神戸の新長田でスタートしたからかもしれないし、



花いっぱいってみんながシアワセなんじゃないかな、、

って単純に思ったからかもしれないし、



なんとなく、「花屋って好きな人が趣味でやるか、お金持ちの道楽でしょう?」って聞こえてきてた(20年前のことね)そんな業界を、もっとクリエイティブな仕事として、みんなに認識してもらいたかった。
そんなところからスタートしたからかもしれない。

男女の差もなく、先輩たちが世界と繋がってくれていて、世界水準で、
若い人たちが夢を持ってチャレンジできる業界なんだって、言いたかった。

そこだけでいうと、もしかしたらいちばん先端を走ってるのかもしれない。
体質や、やっていることはまだまだ旧態依然としているけど・・。

あ、これは、始めてから少しして勉強しながら思ったことだったかもしれない。
でも、
私が見てる花の世界は、普通に生活していたら、見えていない・・と感じていた。。
それがもったいなくて。

花って笑顔になる。
だから
花って生きる力になる。
何度もそう感じたことがある。

回り道して、遠回りばかりして、相談する人もいなくて、頭ぶつけながらやってきて、

でも、
この言葉を、そのままこの言葉を、耳にした。

「みんなでよくなりたいよね。自分だけじゃもうだめで、みんなでよくならないといけないんだよね。」


それは、私が花屋を始めた頃、既に舞台上で輝いていた人の言葉として
聞こえてきた。


そう、
「みんなでよくなろう」
最近は「みんなでHAPPYになろう」って言ってるけど。

みんな同じ気持ちなんだ。と気付く。
そんな時代になったのかもしれないし、ずーっとそうだったのかもしれない。

ありがとう。

大先輩だけど、同い年・・・?かな?
勇気をもらった。

どこまでも自己満足なんじゃないか・・と自己嫌悪になった時もあったけど

私も私のスタンスで花仕事をがんばろう。と思った。

書きながら、

今年の春ごろにも、
同じような話しをした花業界のスターがいた。


その時もとても勇気をもらった。

そう、みんな熱い。すごい方たちがいっぱい走ってくれている。

それだけで、心強い。
なぜだか、すごく感謝したい気持ち。

そして、
気持ちでは彼等に負けないようにがんばろうと思った。









ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000