神戸ルミナリエvol.21

12月4日から13日まで

今年は初めて屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」が登場するとのこと。

日本では初公開。

良く耳にする「ガレリア」は光のトンネルをつくっている、アーチのことだそうです。

入口のみごとな装飾は「フロントーネ」というのですね。


光ってすごいと思った日のことは毎年忘れようもないくらい、鮮明に思い出せます。
涙がとまらなかたあの感動の光は
その時は
生きてる意味にすら思えて、
また生きていることが何か分からないくらいの感覚があり、

ここに生きた多くの人達を感じていました。

圧倒的な光は、まさに鎮魂の光。希望の光でした。

21回目。
時代はかわりながら、

毎年光の色や様々な変化がありながらも、


人が生きることを
問いかけてくれるような、
12月の神戸の夜です。

お時間がありましたら、
神戸の光の花を見に来てください。

花とともに 花のある暮らしを!


ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000