85


KAMOEのショップが神戸の三宮にお店を出してすぐの頃から、(20年近く前ですね)

時折、お店にお立ち寄り頂き、お花を知人の皆様へ贈られる V様


最近は、お電話でお届け先様をお伝え下さり、
お花を贈らせて頂いています。

ご高齢のご婦人で、それでも、お店にお越し頂いていた頃は、お仕事もパーソナルでなさっていて、

何時も、言葉の端々にも気品があり、貫禄をお持ちの

素敵なお客様です。


ここ数年お電話でご依頼頂くことが増え、

お会いする機会もなくなりました。


クリスマスには、毎年、手作りのフレッシュリースをご注文下さり、

相方は、そこで年に1度はお会いすることができます。

先日ご友人の訃報でご連絡を頂いた時に、
ふと、次々とお友達がいなくなるけど、、もう85だし、仕方ないわよね。 と。


いくつになっても、友の死は受け入れ難いですよね、、

そんな言葉も、若輩の私の口からは伝えることもできず、

ただ お話しを伺っていました。



先週

友人の訃報を知り、それ以来いろいろなことが手に就かず、、

もう50にもなるのに、情けない自分と向き合っています。

 

 

20年と少し前、
20代後半の頃、親友の訃報を聞いた時の衝撃は今でも私の中に残っていて、

実際には今でもどこかで信じていないのです。

お葬儀も終わってから、ご主人から受け取った手紙でした。

本人の意思で、私たちに伝えていなかったと。


そんな彼女に腹をたてていたのかもしれません。




また今回も
同じような経緯で、お葬儀も知らぬ間、、。参列できませんでした。

来月友人たちが開催する偲ぶ会があります。

きっと、私にも必要な会です。



学生時代の友人とは、まだお別れが出来ていません。

20年以上経ってしまいましたが、
60歳になるまでには 彼女とのお別れ会を行おうかと、思うこのごろです。










お花が好きな方
フラワーデザインを学びたい方、教えたい方は

↓お友達になってください♪↓

ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000