端午の節句

【seasonally】
毎日、花・植物の楽しさをいろいろな角度から書いています。


明日は5月5日、子供の日。

素敵なお写真をみつけたので、、。

WEBから拝借致しました。
出典がわからず・・。
削除することがあるかもしれませんが、

使わせていただいています。
ありがとうございます。


気持ちが引き締まるような誂えですね。





端午の節句は
奈良時代からと言われています。

端午とは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味。

なぜ5月5日が定着したのでしょうか?



調べてみると
音に由来するという説が多いですね。

午 と 五 


昔の暦では、
今の6月ごろを5月としていました。


特に雨が多くなるこの時期はカビも生えやすく、
虫も多くなり、
季節の変わり目は、それでなくても病にかかりやすいことから、

古くから
いろいろな厄除けが行われていました。

薬草風呂に入ったり、
ヒノキなどの木枝や、薬草を束ねていぶして煙を焚いたり、
天井から吊るしたり。



今、「タンスに〇〇」や「〇シュー〇」などが、
家庭で使われていますが、その走りのような感じでしょうか。

それらも、植物の害虫駆除成分を利用し、
その成分だけを抽出して、その成分を化合物で作り出したものになります。

(↑以前はそう説明されていたのを記憶していますが・・近況未確認です)



古く中国でも、
薬草摘みをしたり、
蘭を入れた湯を浴びたり、
菖蒲を浸した酒を飲んだりという風習があったことから、


日本にも伝わり、宮廷でも
さまざまな行事が催されたと言います。


江戸時代に入ると、
武家社会であること、
跡継ぎのことなどが合わさり、

男の子が生まれると
特に 疫病などにかからないようにと、
節句のお祝い&厄除けを盛大に行ったことから

男の子の節句となっていったのだそうです。

「菖蒲(しょうぶ)」の音が、
武を重んじるという意味の 「尚武(しょうぶ)」と同じであることから、

「尚武の節句」ともいわれています。


身を守る兜の鎧を奉り

悪霊を退治する儀式として、
馬から弓を射る流鏑馬が行われていましたが、

武術の鍛錬としても尊ばれ、

端午の節句のしきたりとして
今に伝えられてきているとのこと。



こちらもWEBから 使わせていただきました。
ありがとうございます。

菖蒲の花あしらい 素敵ですね。

健康で、元気がいちばんです。



太陽暦の五月初旬は
とても過ごしやすく、GW。

子供が元気に遊ぶ姿

こいのぼりが元気に泳ぐ姿に夢を見、癒されます。

伸び伸び遊べる場所を
残していきたいですね。




世界には、

きみ以外には誰も歩むことのできない

唯一の道がある。

その道はどこに行き着くのか、

と問うてはならない。

ひたすら進め。

- ニーチェ -



子供の日に


花とともに
寄り道しながら  季節を楽しんで過ごしましょう


にしむらゆき子

ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000