フラワーデザインと色彩

【school】

毎日、花・植物の楽しさをいろいろな角度から書いています。


今日は

KAMOEで勉強できる、花の学校

『花阿彌ブルーメンシューレ』から

色についてです。




ヨハネス・イッテン 色彩論 


美術出版社からのこの本は

1960年に出版されました、イッテンの「色彩の芸術」の要約本。

その内容は、
感覚と色の関連、感性・感情からのアプローチ、

また音と色の関係性など、

頭がやわらかい間に読むと

より刺激的に、世界が広がるのではないかと感じる内容が書かれています。


フラワーデザインと色彩は、

学べば学ぶほどに興味深く面白いものです。


『花阿彌ブルーメンシューレ』では、

色をテーマとしたアイテムで
実際に作品を作りながら、理解を深めていきます。



どの色(どの花)にフォーカスするのか?
最初に自分で決めることから始まります。

これがとても大切ですね。

その色(花)から思考を展開していきます。


迷ったら、そこに戻ってまた考え直したらよいのです。


今日も

質問を繰り返すうちに、
あ❕❕

と気づく瞬間が何度かありましたね。


理解が深まると、
迷うことも少なくなり、
自分のイメージするものに早く近づけるようになります。



色の知識は

ファッションはもちろん、
普段の生活の中で役に立ちますので、勉強にも力が入ります。

花阿彌ブルーメンシューレは全国で勉強することが出来ます。
花阿彌のホームページはこちらです。

花阿彌ブルーメンシューレのインストラクターのホームページはこちらになります。


インストラクターが交替で書いているブログも   ↑こちらからご覧いただけます。
私も毎月10日前後に、担当しています。


よろしければご覧ください。




いつも読んで頂きありがとうございます。
花とともに


KAMOE&ARNE
花萌にしむらゆき子花教室


ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000