【plants&flower】

毎日、花・植物の楽しさをいろいろな角度から書いています。


ひまわりは太陽をに向かって咲きます。
陽に向かって廻るから ひまわり。

そんな風に子供の頃に聞いた記憶があります。


皆さんも同じことを習いましたか?

実際のひまわりはどうでしょう?

やはり太陽に向かって咲いているでしょうか?

毎年、「はるかのひまわり」の花は、いろんな方向を見ています(笑


それで、数年前に調べたのでした。

ひまわりは短期間でとても背が高くなりますね。
それは1日にそれだけ成長しているということ。

太陽の光が当たっている方の茎が伸びて、先端を押しやるように、
少しずつ向きが変わって見えるのです。

蕾の時が一番それがわかりやすいですね。

蕾の向きが時間によって変わります。

それは、花首が伸びていくからなのですね。

そして、いざ花が咲く時には、エネルギーがすべて、開花へと向かい、種を育てるので、茎の成長が止まります。止まったところで、開花が始まるということ・・。
なので、全ての花が太陽の方を向いているわけではありません。


そう思って、蕾を見ていると、日に日に成長している様子や、
時間によって表情が違うことに気づき、

楽しくなります。

この子たちはもう少し成長しそうです。


開花も楽しみですが、今の姿もとても愛しく思います。


今日のはるか。

今日もありがとうございます。

花とともに
KAMOE&ARNE


にしむらゆき子


0コメント

  • 1000 / 1000