花とともに

半透明の花びら まる蝋細工のようだと名づけられた名は 「蝋梅(ろうばい)」
唐の国から来たので「唐梅(からうめ)」とも呼ばれるそう。


1日、実家の母が、良い香りを持って帰れと、庭にあるこの枝を手折り、持たせてくれた。
大阪の母へと、我が家へと。

蜘蛛の巣もそのまま、田舎風情を残して・・・。

今朝も良い香りにつつまれ

そうだ会社へ持って行こう、と

花の香りと暮らす

花とともにあり

ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000