胡蝶蘭のこと

【plants&flower】

毎日、花・植物の楽しさをいろいろな角度から書いています。

今日は御祝い事で目にしたり、いただいたり、、

ご自宅にはまだ少ないかもしれませんが、
職場などで、お世話をされている方も多い、胡蝶蘭について少しお話しします。


下の胡蝶蘭

写真だとわかりにくいかもしれせんが、

普段よく見るタイプのものより、顔が小さいものになります。

こういった
顔が小さいタイプ(小輪)の胡蝶蘭を「ミディ」と言います。

花の直径が7センチ前後(種類によって違います)

写真は7本立ちですが、
まるで、蝶が飛んでいるようで華やかですね。



ミディの3本立ちでしたら、

¥6000-~¥8000-(税別)で購入できることもあり、
お歳暮や、お礼、ちょっとした御祝いにもよく使われます。


白色のミディでしたら、
御祝いにはもちろん、(ラッピングは明るく)
お悔みにもお届けさせて頂くことがあります。


胡蝶蘭のお値段がわかりにくいと、よく聞かれます。

胡蝶蘭は、温室で栽培されていますが、
その育て方、管理の仕方は、生産者さんによっても様々で、

その品種にあった、いちばん強い花に育てられる技術のある産地の鉢は
その手間や必要経費なども含めて、
高くなります。

その分、日持ちのする立派な胡蝶蘭です。


同じサイズでも、値段が全然違う主な理由はそこにあります。

他にも、

顔の向きの揃え方や、葉の状態、根鉢のしっかり度などなど、

幾重にも条件があって、価格が決まります。

ご予算と、好みの立ち姿(本数)と、色を

早めに花屋さんにお伝えし、良いものを選んできてもらうのが一番だと思います。

↑早めが良いのは、急だと今入手できるもの、限られた中から決めることになるので、ご希望通りに良いものが入手できるか、、ということです。


今日は、

ミディタイプの写真をご紹介しながら、

胡蝶蘭についてざっくりとお伝えしました。


明日は、お手入れについて書きたいと思います。


花とともに

今日もありがとうございます!

にしむらゆき子

ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000