自然光の使い方

【photo】

毎日、花・植物のおもしろさをいろいろな角度から書いています。


とても形の面白いガジュマルが入荷しました。

今日はこちらのガジュマルで
商品撮影をする時の

自然光と商品の位置関係を
見てみたいと思います。

全て同じ時間帯に撮影しています。



自然光の位置 

自然光というのは、そのまま
太陽の自然の光です。

自社商品を撮影する機会が多いのですが、
「好き」の気持ちだけで、
撮影してきました。
そんな私にとって、
光の調節は難しく、
しかしそれ以上に
光は(特に自然の光は)一番の味方となってくれます。


実際には
太陽の光そのままは、強すぎますので

カーテンやスクリーン越しの状態を作ったり、
一度室内の壁や、板に反射させて柔らかくしたり
少し工夫します。



今日は光の角度と量と、見え方を確認する意味で
わかりやすく、
窓からの光そのままで撮影してみます。



↑ こちらは窓が東側についています。
太陽はすでに真上に登っているためやわらかい光が入ってきます。

ガジュマルを北側において撮影ししました。

写真に向かって右側上方からの光が
綺麗に葉に当たっています。


こちらの写真は
少し窓に近すぎましたが・・。

綺麗な写真が撮れそうです。

※プロの目線では、違うかもしれません。
良いアドバイスがありましたらお願い致します。





↑↑ 同じ場所でも、
光をバックにしてしまうと、
逆光で、真っ黒になります。




こちらは、
写真に写っていないぎりぎりのところまで窓があります。
採光窓ですので、
光が白壁にあたり、やわらかい状態で、こちらの室内に入ってきます。

右後ろからの採光

少し室内にライトがあるため、
影が後ろにもできていますが、
柔らかい影です。


商品が浮き出るように映っていますね。

しっかり撮影できそうです。




↑こちらは、右手前に窓があります。
窓の向きは西向きです。

↑同じ場所で、窓を左手前にしてみると
これだけ光の当たり方がかわります。



まだ太陽は上の方ですが、
南北の位置関係で採光量が全然違うことがわかります。




部屋の中で、光が多く入る場所、
光がやわらかく回る場所、

この2点を意識して
ファインダーを覗くと
違った写真が撮影できる場所が見つかると思います。


伝える方法として、

視覚にうったえる
映像、写真はこれからますます重要になりますね。

楽しみながら、腕を磨いていきたいと思います。



今日もありがとうございます。

花とともに

KAMOE&ARNE


にしむらゆき子

ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000