きっかけはよくあること

【flower design】
お花を勉強して、何が出来るようになりたいですか?
・毎日の生活の中で素敵に花が飾れるようになりたい

・人にお花をプレゼント出来るようになりたい

・お花を習うことで何かを、自分らしさを表現してみたい

・素敵!!と思う組み合わせや,フラワーアレンジメントを見るのが好きなので自分でもそんな素敵なアレンジメントを作ってみたい。


お花を習うきっかけはみんな様々で、
興味を持つきっかけもいろいろのようです。

友人の展示会に一緒に行って感動したから。
海外の雑誌を見て憧れたから
友人のウエディング会場の花を見て感動したから

もともと花が好きで、やってみたかったから


ね。

決して特別なことではありません。
そして、勉強してみると
自分にもいろいろな事が出来ることに気付きます。

誰にでも出来るのです。

そして、私の場合、全国(世界)に花の仲間がいる感覚になったのは、
全国から集まる学校で学んだこともそうですが、
展示会やコンテストに出してみる、というきっかけっからでした。


ちょっとしたことで
世界は広がっていきます。 


ではどんなフラワーデザインの勉強をしたら、

展示会やコンテストに出すことが出来るのでしょうか?

はじめは、出したい展示会やコンテストを実際に見に行くことをお奨めします。
見たことのない展示会に出品するのは、とても勇気が必要、、ではないですか?
まわりの作品と自分のやっていることが
かけ離れていたら・・・とてもドキドキします。

私も最初は何も知らず、実は奨められるままに応募して、
恥ずかしい経験もたくさんしました。

それでも、最初は出すことが出来たその充実感で嬉しかったのですけどね。
なので、とにかく出す!のも良いのかもしれません。
ただ
経験からのアドバイスは

まずは、展示会を見に行くことです。
そして、その作品たちがどのように作られているのか、
しっかり考えてくることです。
わからないときは、わかる人に聞けるのが一番よいのですが・・。
とにかく、想像してみます。

中には、作り方が想像できたり、はっきりとわかる作品もあるでしょう。
その作品の良い点と、自分だったらどのように作るだろうか?

そんなことを考えてみるのも勉強になります。

そして、家に帰ってから、スケッチしておきます。
・・
私自身出来ていないことを書くのはよくありませんね。(汗

私は素敵な花や、デザインに出会うと何度も何度も同じ作品を見に行って、
印象に残して帰ります。

memoやスケッチは、何かヒントが欲しい時には役に立ちますが、
普段あまり見ません。
でも、無いよりはある方が良いでしょう。

記憶にあることを全て書き込んでみると
あとで思い出せるかもしれませんしね。


ちょっとおせっかいなブログになりました(笑

なんでこんなことを書いているのかというと


私は今、いろいろなお仕事をさせて頂いていますが
大きなお仕事や、ちょっと変わったお仕事でも、お受けして頑張れるもとになっているのは

参加するまでは全然興味のなかった展示会に参加するようになって
多くの事を学び経験した、そのおかげだからです。

詳しくはまたいつかお話しますね。



今までと違う花の世界や、交友関係や、お仕事や、
新しいチャンスと出会えるかもしれません。

そういうことって、楽しみですしね。




写真は2013年花阿彌フラワーデザイン展にて

ハナトトモニ KAMOE / ARNE

ハナトトモに・・日々笑顔で♪

0コメント

  • 1000 / 1000